引っ越し準備

引っ越し準備は何ヶ月前から始める?手続きから荷造りまでのスケジュールを解説

2024.07.07 2024.07.07

 

引っ越しする際に、どのくらい前から準備を始めて良いか分からない方も多いでしょう。あまりにも準備を早くしすぎると必要なものが使えなくなりますし、遅くなると引っ越し当日にバタバタしてしまいます

そこで、この記事では引っ越し準備のベストタイミングについて解説。手続き関連についても紹介しています。

スケジュール例を参考に、スムーズに引っ越し準備を進めましょう。

引っ越しする何ヶ月前から物件探しを始めるべき?

引っ越しの2ヶ月前から物件探しや内見を始めるのが最適です。理由は、早すぎると余計な費用がかかったり、良い物件を逃す可能性があるためです。

また、多くの賃貸契約では2ヶ月前の退去予告が必要なため、このタイミングが理想的。例えば、4月に引っ越す予定なら2月中に動き始めるのがよいでしょう。

インターネットや不動産会社を通じて物件を探し、気に入った物件は早めに内見を申し込みましょう。内見時は物件の状態、設備、周辺環境をチェックし、契約条件も確認します。

引っ越しの2ヶ月前から物件探しを始めることで、効率的かつ経済的に新居を見つけられるでしょう。

【シーン別】何ヶ月前から動くべき?引っ越し準備について

引っ越し準備

物件の種類や引っ越しの理由は、ファミリー、シングル、新婚世帯によって異なります。

当然ながら、物件探しに最適な時期もそれぞれ違います。

タイプ

おすすめの時期

家族 ゴールデンウィーク以降
一人暮らしの社会人 秋ごろ
新入学の学生 2月ごろ
新婚 7月~8月ごろ

 

それぞれにとって最適なシーズンがいつか、詳しく紹介します。

家族向け:ゴールデンウィーク以降がおすすめ

家族での引っ越しは準備が大掛かりになるため、計画的に進めましょう。

ゴールデンウィーク以降の時期は、不動産市場が比較的落ち着き、新居の選択肢が増えます。

特に子供の学校の転校手続きや家具の準備も考慮すると、この時期から動き始めるのがベストです。

一人暮らしの新社会人:秋から物件探し

新社会人の一人暮らしは、秋から物件探しを始めるのがおすすめ。

この時期は賃貸物件の新規募集が増え、競争も緩やかです。

また、早めに物件を確保することで、引っ越しの準備や新生活に必要なアイテムの購入に時間をかけられます。

新入学の学生:2月から物件探し

新入学の学生は、2月から物件探しを始めるのがおすすめです。

大学や専門学校の合格発表が出揃う時期で、多くの物件が市場に出てきます。また、早めに動くことで、条件に合った物件を見つけやすくなり、新生活の準備に余裕ができます。

新婚さん:7~8月はじっくり探せて費用も抑えられる時期

新婚さんの引っ越しは、7~8月に始めると良いでしょう。

この時期は引っ越し業界の閑散期であり、物件の選択肢も豊富です。

さらに、引っ越し費用や初期費用が抑えられる場合が多く、じっくりと二人の新居を探せます。

引っ越しのタイミングや各種手続きについては、以下の記事も参考にしてください。

【何ヶ月前から始める?】引っ越し準備のスケジュール例

引っ越しは「今すぐ引っ越したい」と思っても、すぐにできるものではありません。

十分な計画を立て、ゆとりのあるスケジュールを組むことが大切です。

スケジュール例としては以下の通りです。

  1. 3~4ヶ月前:理想の住まいを考える
  2. 2~3ヶ月前:物件探しと契約
  3. 1ヶ月前:荷物の整理と梱包
  4. 2週間前:電気、ガス、水道などの手続き
  5. 当日:引っ越し業者に荷物を渡す

以下で、引っ越しを計画する段階から実際に引っ越すまでの全体的なスケジュールを説明します。

3~4ヶ月前:理想の住まいを考える

引っ越し準備の第一歩は、自分が理想とする住まいを明確にすること。住む場所、間取り、家賃などの要素をリストアップしておきます。

例えば、以下のような条件を考慮すると、理想に近い物件を見つけやすくなります。

  • 家賃
  • 間取り
  • 築年数
  • 通勤・通学時間
  • 駅からの距離
  • バストイレ別かどうか
  • 和室の有無
  • 初期費用

これらの条件の中でも、「これだけは譲れない」というポイントを決めておくことが大切。リストアップすることで物件探しが効率的に進み、自分にぴったりの住まいを見つけられるでしょう。

2~3ヶ月前:物件探しと契約

理想の住まいのイメージが固まったら、具体的な物件探しに取り掛かります。

インターネットで情報を集め、興味を引く物件があれば内見に行きましょう。物件は早めに探し始めても構いませんが、契約を決める前に、他の候補も検討してみてください。

内見の際は、実際の住み心地や周辺環境を確認し、満足できる物件を見つけたら契約手続きを進めましょう。

1~2ヶ月前:引っ越し業者と契約

物件が決まったら、次に引っ越し業者の選定に移ります。

引っ越し業者によって提供するサービスや料金が異なるため、複数業者から見積もりを取り比較するのが大切。

料金が安いだけでなく、サービスの質や評判も考慮して選びましょう。信頼できる業者を選ぶことで、引っ越し当日がスムーズに進みます。

1ヶ月前:荷物の整理と梱包

引っ越しの1ヶ月前から、荷物の整理と梱包を始めます。使用頻度の少ないものから順に梱包していくと効率的でしょう。例えば、来客用の布団やオフシーズンの衣類、使わない本やインテリアなどが対象になります。

一方、日常的に使用する食器やタオル、仕事道具などは引っ越し直前まで手元に置いておきましょう。梱包の際は、開梱する時のことも考慮し、使いやすいように整理して詰めるのがポイントです。

引っ越しが近づくと慌ただしくなるため、余裕をもって早めに準備を進めましょう。

2週間前:電気、ガス、水道などの手続き

引っ越しの2週間前には、電気、ガス、水道の利用停止と新居での利用開始の手続きをします。

各契約先に連絡を入れ、具体的な手続き日を確認しましょう。引っ越し後すぐに生活に必要なインフラを整えられます。

当日:引っ越し業者に荷物を渡す

引っ越し当日は、全ての荷物が梱包された状態で引っ越し業者に引き渡します。特にすぐに開ける必要のあるダンボールは明確に区別し、業者にも伝えておきましょう。

これにより、引っ越し当日もスムーズに進行します。

ただし、年末は注意点がいくつかあるので、以下の記事も参考にしてください。

引っ越し前後に必要な手続き【何ヶ月前に何をする?】

引っ越し前後に必要な手続き

引っ越しする前と後に、必要な手続きがあります。大きく分けて、以下の手続きが必要です。

  • 役所での手続き
  • ライフラインの手続き
  • 自動車やバイクの手続き

それぞれについて解説します。

役所での手続き

引っ越し前後には役所での手続きが必要です。

1〜2ヶ月前から新住所に関する住民票の移動や印鑑登録の変更、国民健康保険や年金の住所変更手続きを進めます。

また、児童手当や介護保険の手続きも忘れずにしましょう。引っ越し先の自治体によって必要な書類が異なるため、漏れのないようにチェックしてください。

ライフラインの手続き

電気、ガス、水道などのライフラインの手続きは、引っ越しの1〜2週間前にするとよいです。

各サービス提供会社に連絡し、引っ越し日を伝えて停止・開始の手続きをします。

また、インターネット回線の引越し手続きも忘れないようにしましょう。

自動車やバイクの手続き

自動車やバイクの登録住所変更は、引っ越し後15日以内にする必要があります。陸運局での手続きが必要となり、住民票や車検証などを持参します。

また、自動車保険の住所変更も忘れずに。違反切符や駐車違反に関する通知も、新住所に届くようにしておかないといけません。

そのほか、引っ越しでやるべきことについては、以下の記事も参考にしてください。

【何ヶ月前】引っ越しをスムーズにする準備のポイント4つ

引っ越しをスムーズに進めるポイントとしては、以下の通りです。

  • 希望条件をまとめる
  • 希望条件に優先順位をつける
  • 初期費用を把握する
  • 引っ越し業者の評判を確認する

これらを意識して、引っ越しの準備を進めましょう。それぞれ解説します。

希望条件をまとめる

引っ越しの準備を円滑に進めるには、まず希望する住まいの条件を明確にしましょう。

引っ越しの3〜4ヶ月前には、住みたいエリアや家賃、間取りなどの希望条件をリストアップしておきましょう。

ポイントとして、通勤や通学の利便性、周辺の環境、必要な設備などを考慮します。

希望条件に優先順位をつける

リストアップした希望条件に優先順位をつけるのも重要。全ての条件を満たす物件を見つけるのは難しいため、特に重要なポイントと妥協できる点を明確にします。

例えば、通勤時間が最優先の場合は駅近の物件を重視し、築年数や家賃は多少の妥協ができるなど、優先順位をつけることで選択肢が広がり、決定がしやすくなります。

初期費用を把握する

引っ越しにかかる初期費用を把握するのは、計画的な引っ越しのために欠かせません。

2〜3ヶ月前には、敷金や礼金、仲介手数料、引っ越し費用、家具・家電の購入費用などを総合的に計算し、予算を立てましょう。

これにより、必要な資金を確保し、無理のない範囲での引っ越し計画が立てられます。

引っ越し業者の評判を確認する

引っ越しの1〜2ヶ月前には、信頼できる引っ越し業者を選定しておきます。

インターネットの口コミサイトや知人からの紹介を参考にし、評判の良い業者を選びましょう。見積もりは複数社から取り、料金やサービス内容を比較します。

料金が安いだけでなく、サービスの質も考慮して選んでください。

引っ越し準備は余裕をもって4ヶ月以上前から始めよう

引っ越し準備のベストタイミングは、4ヶ月以上前がおすすめです。この時期から荷物をまとめたり業者を探したりすれば、余裕をもって引っ越し準備を進められますし、突然のトラブルがあっても対応しやすくなります。

引っ越し業者をお探しの際は、ぜひセーフリーを活用してください。セーフリーでは、多くの引っ越し業者を掲載していますので、自身のニーズに合った業者を見つけられます。無料相談も可能なので、気になる業者がいれば積極的にお問合せしてみてください。

 


Warning: Undefined array key "fieldData" in /home/safely/safely.co.jp/public_html/wp-content/themes/safely-v2/template-parts/area-ai-content.php on line 2

引っ越し準備は何ヶ月前から始める?手続きから荷造りまでのスケジュールを解説のよくある質問

  • Q. 引っ越しは何ヶ月前に家主に伝えたら良いですか?

    遅くても1ヶ月前までには不動産会社や大家さんに連絡してください。

  • Q. 引っ越しを考えるベストなタイミングはいつですか?

    物件探しを含めるのであれば4ヶ月前には動き出しましょう。

  • Q. 引っ越しは何月が一番安いですか?

    10月~1月は閑散期で安くなります。