2LDKのハウスクリーニング費用相場を確認中

4LDKのハウスクリーニング料金相場は?節約のコツや業者依頼のポイントも

2024.05.09 2024.05.09

今回は、4LDKのハウスクリーニングを依頼するときの料金相場や、選ぶべきプラン・おすすめの掃除箇所などについて徹底解説します。

4LDKと一口に言っても、戸建てかマンションか、さらに依頼する作業範囲によっても料金は変動します。ハウスクリーニング料金がどのように決まるのか、また、その節約方法まで詳しくご紹介しますので、ぜひお役立てください。

また、記事後半では、特にハウスクリーニングを依頼したい「汚れやすい箇所」や、実際に業者依頼するときのコツも。お役立ち情報満載ですので、ぜひ最後までご覧ください。

4LDKのハウスクリーニング料金相場【依頼する範囲による違い】

2LDKのハウスクリーニング費用相場を調査中

ハウスクリーニングの料金は、清掃する場所の種類と広さによって決まります。

一戸建てとマンションでは、同じ4LDKであっても料金が異なります。

一戸建て マンション
6〜10万円 4〜9万円

 

一般的に、一戸建ての方が階段など作業範囲が広いため、料金が高く設定されます。

依頼する範囲別の料金相場

依頼する範囲別の料金相場は、以下を確認してください。

依頼場所 料金相場
浴室 11,000円〜16,000円
>> お風呂のハウスクリーニング料金相場について
トイレ 7,000円〜10,000円
>> トイレのハウスクリーニング料金相場について
洗面所 6,000円〜9,000円
キッチン 10,000〜16,000円
エアコン 8,000円〜10,000円
>> エアコンクリーニング料金相場について
レンジフード/換気扇 9,900円〜15,000円
床のクリーニング/ワックスがけ 8,500円〜15,000円(6畳)
水回りのパック 15,000円〜75,000円

 

キッチン、浴室、トイレといった水回りのハウスクリーニングは、使用頻度が高く汚れが蓄積しやすいもの。その分、専門的な技術を要することが多く、料金も高めに設定されています。

特に浴室は、浴槽だけでなく、換気扇や窓など付帯設備のクリーニングも含まれるため、料金がお高め。「水回りパック」などを利用し、数箇所まとめて依頼するとお得になります。

各部屋・設備のハウスクリーニング詳細については、上の表で紹介している費用相場の記事もぜひ参考にしてみてください。

4LDKのハウスクリーニング料金はどうやって決まる?【4つの要素】

ハウスクリーニングの料金設定は、さまざまな要素に基づいています。

  • 作業範囲
  • 掃除の難易度
  • 作業場所の状況
  • 駐車場の有無

4LDKなど広い住宅は料金がそれなりに高くなる場合もありますので、見積もり時に納得できるよう、チェックしておきましょう。

作業範囲

ハウスクリーニングの料金は、清掃するエリアの広さや範囲に大きく依存します。4LDKの住宅では、部屋の数や広さが料金を決定づける主な要因の一つ。

広いリビングや複数の寝室、キッチン、バスルームなど、作業範囲が広がるほど、それに比例して料金も上昇します。

特に、一戸建て住宅はマンションよりも階段などの作業スペースがあるため、料金が高くなるでしょう。

掃除の難易度

作業の難易度も料金に大きく影響します。例えば、エアコンの分解洗浄やベランダの清掃、臭いの除去など、特別な技術を要する作業は通常より高額な料金が設定されます

専門的な知識や道具を必要とするため、一般的な清掃作業よりも料金が上乗せされるでしょう。

作業場所の状況

清掃する家具や設備・部屋の状態も料金を決める要素。家具が多い部屋や、移動困難な重い物がある場合、作業の手間が増えるため料金が高くなります

また、居住者がいる状態でのクリーニングは、居住者のいない状態でのクリーニングに比べて作業量が増えるため、料金も高めです。

駐車場の有無

作業車両の駐車スペースの有無も、料金に影響を与える要因です。駐車スペースがない場合、特に都市部では、業者が駐車場を確保するために近くのパーキングを利用するなど、追加料金が必要に

依頼者が業者の駐車スペースを確保できれば、追加費用は発生しません。

4LDKのハウスクリーニング費用を抑えたい!【節約方法5選】

2LDKのハウスクリーニング費用相場をチェック中

4LDKなど広い住宅のハウスクリーニングはどうしても料金が高くなりがち。少しでも節約して、依頼したい人が多いでしょう。

ここでは、4LDKハウスクリーニングの料金を節約しながら、質の高いサービスを受けるコツを紹介します。

  • 複数業者に相見積もりする
  • 何ヶ所かまとめて依頼する
  • 作業環境を整えておく
  • 繁忙期に依頼しない
  • 定期清掃を依頼する

押さえておきたい5つのポイントについて、以下詳しく見ていきます。

複数の業者から見積もりを取る

ハウスクリーニングの料金は業者によって大きく異なるため、複数の業者から見積もりを取りましょう。相見積もりすることで、最もコストパフォーマンスの高い業者を見極められます。

相見積もりを依頼するときは、料金だけでなくサービス内容も確認しましょう。希望するサービスが含まれているか、セットプランがないかどうかも確かめられます。

何ヶ所かまとめて依頼する

特定の箇所だけでなく、複数の場所をまとめて依頼するのは、費用を抑える効果的な方法です。例えば、キッチンとレンジフードのクリーニングをまとめて依頼するセットプランや、水回りパッケージ(浴室、トイレ、洗面所)などがおすすめ。

それぞれの場所を単独で依頼するよりもお得になり、汚れが目立つエリアや自分では掃除しにくい箇所を、効率的に綺麗にできます。

作業環境を整えておく

ハウスクリーニングの前に作業環境を整えておくと、費用削減になるケースがあります。

不要な物を片付けて作業スペースを確保したり、家具や荷物を移動しておくことで、作業効率が上がり、時間短縮にもつながるでしょう。

業者がスムーズに作業できる環境を提供できれば、時間単価で計算される場合は特に料金を抑えられます。

繁忙期に依頼しない

ハウスクリーニングの料金は、引っ越しシーズン、年末年始、エアコンが頻繁に使用される夏場は予約が集中し、料金が高めに設定されます。そのため、費用を抑えたい場合は繁忙期を避け、閑散期にサービスを依頼すると良いでしょう。

ハウスクリーニングの閑散期は4〜5月/10〜11月

夏前と年末前の閑散期は、サービスの需要が低く、費用が抑えられます。

定期清掃を依頼する

定期清掃サービスを利用すれば、年間を通して考えると節約になる場合が多いです。

月に一度や四半期に一度の頻度で依頼すると、大規模なクリーニングの必要なく快適に過ごせるでしょう。

汚れをためこんだ結果まとまって必要になる大掃除、ハウスクリーニングを回避できると、費用負担や手間を大幅に軽減できます。また、定期的にプロの目でチェックしてもらうことで、住宅全体のメンテナンスが向上し、大きな修繕が必要になる前に問題を解決できます。

こまめな掃除なら、家事代行サービスもおすすめ。基本的な清掃はもちろん、家事や事務的な部分まで時間単位で依頼できるため、掃除に手が回らない忙しい方にとってメリットが大きいと言えます。

4LDKのハウスクリーニングを依頼するタイミングは?

4LDKのハウスクリーニングを依頼するタイミングについて、お悩みの方もいるでしょう。ここでは、賃貸住宅の入居中と退去時、持ち家の売却時など、さまざまな状況におけるタイミングを解説します。

【入居中・持ち家なら】汚れが気になるとき/年末など

賃貸住宅や持ち家で住み続けている場合、ハウスクリーニングは汚れが目立ち始めたとき、または定期的なメンテナンスとして計画しましょう。

年末や特別なイベントの前にプロのクリーニングを依頼すれば、生活環境が綺麗になる上、気分も高まります。

【退去時・売却時なら】汚してしまった/売りに出す前など

物件を売りに出す前にハウスクリーニングを依頼すると、潜在的な購入者に対して良い印象を与え、物件の価値を高められます。できるだけ物件を綺麗にしておくと、買い手もはやく見つかりやすいでしょう。

また、退去時は、原状回復費用を抑えるためにハウスクリーニングを依頼する方法もあります。大家や管理会社提携の業者任せであとから請求される費用より、安く済むかもしれません。

大家や管理会社目線で考えると、次の入居者が快適に過ごせるように、また入居者が見つかりやすいようにハウスクリーニング業者を選定すると良いでしょう。

4LDKのハウスクリーニングを依頼するときの業者選定ポイント

2LDKのハウスクリーニング費用相場を精査中

ハウスクリーニングの業者選びは、クリーニングの質と効率・料金を大きく左右します。以下4点に注目しながら、業者を選定しましょう。

  • 実績/資格が十分か
  • 料金/作業内容は明瞭か
  • 口コミ・評判が良いか
  • 損害保険に加入しているか

具体的にどのような点に注意すべきか、順番に解説していきます。

実績/資格が十分か

ハウスクリーニング業者を選ぶときに重視すべきは、業者の実績と資格です。

業者の経験値やスキルは、多様なニーズに対応できるかどうかの指標になります。また、国家資格や業界団体の認定を受けている業者は、技術的な基準を満たしている証で、信頼性が高いでしょう。

特に、4LDKのような大規模なスペースを扱う場合、高い技術力と豊富な経験をもつ業者を選ぶべきでしょう。

料金/作業内容は明瞭か

信頼できる業者は、見積もり段階で料金の内訳とサービス内容を具体的に提示してくれます。費用やサービスが透明で、事前に合意した作業内容を遵守するのは、後のトラブルを避けるためにも重要でしょう。

また、依頼する場合は作業内容についての説明を求め、追加料金が発生する可能性も事前に確認してください。

口コミ・評判が良いか

ハウスクリーニング業者を選ぶとき、利用者の口コミや評判は非常に参考になります。特にインターネット上での口コミは、業者のサービスの質を判断する上で重要な手がかりでしょう。

良質な口コミや高い評価は、その業者が信頼できる証で、安心してサービスを依頼できることを示します。一方で、悪い評判が多い業者はトラブルのリスクが高いため、避けた方が無難です。

損害保険に加入しているか

ハウスクリーニングの作業中は、予期せぬ事故や損害が発生する可能性があります。そのため、業者が損害保険に加入しているかどうか確認しましょう。

保険に加入している業者を選ぶことで、万が一の事故が発生した際にも補償が受けられ、依頼側のリスクも減らせます

4LDKのハウスクリーニング業者探しはセーフリーを活用

今回は、4LDKのハウスクリーニングを依頼するときの料金相場、節約方法などについて詳しく解説しました。

業者依頼する前にできるだけ綺麗にしておく、複数箇所を依頼するなどして、ハウスクリーニング費用を抑えましょう。

適正料金でクオリティの高い業者をお探しの方は、ぜひセーフリーの検索システムをご活用ください。さまざまなニーズに対応する優良業者が多数掲載されており、比較にも大変便利です。気になる業者が見つかったら、まずはご相談を!

4LDKのハウスクリーニング料金相場は?節約のコツや業者依頼のポイントものよくある質問

  • Q. 4LDK物件の退去時にハウスクリーニングは必須?

    退去時のハウスクリーニングは必須ではありません。原状回復のために依頼すべきかを基準に検討すると良いでしょう。

  • Q. 4LDKの売却時はハウスクリーニングをすべき?

    ハウスクリーニングを依頼した方が、物件がより魅力的になり、買い手が見つかりやすいでしょう。

  • Q. ベランダや庭も作業範囲に指定できる?

    業者によっては、ベランダや庭も作業範囲として指定できます。