ハウスクリーニングの料金相場を徹底解説!費用を抑える方法や業者の選び方も

2024.03.08 2024.05.20

この記事では、ハウスクリーニングの依頼を検討している方に向けて、費用相場や料金を抑えるコツを詳しく解説していきます。

ハウスクリーニングは、汚れの程度や依頼する範囲などで大きく料金が変わります。依頼後に後悔しないためにも、費用相場を把握したうえで自分に適したハウスクリーニング業者を選ぶことが大切です。

記事後半では、失敗しない業者の選び方や、依頼範囲を決める際の注意点まで丁寧に紹介します。ぜひ、ハウスクリーニングの依頼にお役立てください。

ハウスクリーニングの料金相場を決める条件

ハウスクリーニングの料金相場を説明する女性

ハウスクリーニングの料金相場は、清掃場所や部屋の間取り、汚れの程度で大きく変わります。基本的には、作業面積が広くなるほど清掃場所が多いほど、ハウスクリーニングの料金が高くなることが多いです。

また、入居状況や依頼範囲でも料金に差が出ることがあります。ただし、依頼範囲は自分で調整できるので、工夫次第でハウスクリーニングの総額費用を抑えることが可能です。

おすすめの依頼範囲について詳しく知りたい方は、以下でご確認ください。

ハウスクリーニングの料金相場が安くなる?おすすめの依頼範囲

ハウスクリーニングの料金相場【間取り】

ハウスクリーニングの間取り別料金相場が分かる価格表

ハウスクリーニングの費用相場は、以下の表の通り、間取りが広いほど高くなっていきます。

間取り 【入居中】料金相場 【空室】料金相場
1R・1K 1.5万〜3.5万円 1.4万〜2.5万円
1DK・2K 1.5万〜4.14万円 1.8万〜3.63万円
1LDK・2DK 2.1万〜4.77万円 2万〜4万円
2LDK・3DK 3.2万〜6.05万円 2.8万〜5.5万円
3LDK・4DK 4万〜7.5万円 3.3万〜7.2万円
4LDK・5DK〜 6万円〜 4.28万円〜

 

同じ間取りでも、「入居中」「空室」で料金が変わる場合も多くなります。空室より入居中のほうが費用が高くなるのは、業者が掃除する際に家具や家電などを安全な場所に移動させる必要があるためです。

「入居中」「空室」別に、ハウスクリーニングの料金相場を詳しく解説します。

ハウスクリーニングの料金相場【空室】

空室におけるハウスクリーニングの料金相場は、以下の通りになります。

間取り 空室の料金相場
1R・1K 1.4万〜2.5万円
1DK・2K 1.8万〜3.63万円
1LDK・2DK 2万〜4万円
2LDK・3DK 2.8万〜5.5万円
3LDK・4DK 3.3万〜7.2万円
4LDK・5DK〜 4.28万円〜

 

家具や家電がない空室の場合、移動させるものがないので料金設定は安いことが多いです。ただ間取りが増えるほど作業面積が増えるため、家具などの移動はなくても、部屋が広い場合は総額費用が高くなります

空室のハウスクリーニングを行うメリットには、以下のようなものがあります。

  • きれいにした状態で新生活を始められる
  • 売却が好条件になるので売れやすくなる

ハウスクリーニングの料金相場【入居中】

入居中におけるハウスクリーニングの料金相場は、以下の通りです。

間取り 入居中の料金相場
1R・1K 1.5万〜3.5万円
1DK・2K 1.5万〜4.14万円
1LDK・2DK 2.1万〜4.77万円
2LDK・3DK 3.2万〜6.05万円
3LDK・4DK 4万〜7.5万円
4LDK・5DK〜 6万円〜

 

部屋が広くなるほど、ハウスクリーニングの料金相場は高くなります。特に移動できない家具が多い場合は、洗剤が付かないようにする養生作業が増えるので、空室の掃除に比べてやや高額になるケースが多いです。

入居中のハウスクリーニングを行うメリットには、以下のようなものがあります。

  • プロに掃除を任せられる
  • お手入れのコツを教えてもらえる

ハウスクリーニングの料金相場【場所別】

ハウスクリーニングの部屋別料金相場が分かる価格表

清掃場所別のハウスクリーニングの料金相場は、以下の通りです。

清掃料金の相場 作業時間の目安
エアコン 8000~1万円 1〜2時間
換気扇 9900~1.5万円 2〜3時間
キッチン 1万~1.6万円 2〜3時間
お風呂 1.1万~1.6万円 1〜2時間
洗面所 6000~9000円 2〜3時間
トイレ 7000~1万円 1〜2時間
ウッドデッキ 9900~1.2万円 1〜2時間

ハウスクリーニングは、トイレや換気扇など特定スポットでの依頼が可能です。ただし、複数箇所をまとめた清掃プランを提供するハウスクリーニング業者も多くあります。安く利用したいなら、セット売りがあるハウスクリーニング業者を選ぶのがおすすめです。

エアコン【8,000~1万円】

ハウスクリーニングの中でも特に人気があるのが、エアコン清掃です。本体の表面部分であれば自分で掃除することが可能ですが、内部の汚れは分解しないときれいに取り除けません。

また、複雑な内部は知識がないと掃除できない場合が多いため、カビやほこり、においが気になる人におすすめです。

換気扇【9,900~1.5万円】

頻繁に料理する場合は、換気扇はに油汚れが溜まります。掃除を怠ると頑固な油汚れになるので、自分ではなかなか落とせなくなることも多いです。

安全で快適な調理環境を維持するために、キッチンやお風呂など水回りの清掃と合わせてハウスクリーニングを依頼する人も少なくありません。

キッチン【1万~1.6万円】

普段から料理するキッチンは、油汚れや水垢が溜まりやすい場所です。ガスコンロやタンクなどは小まめにお手入れすることで、目に見える部分はきれいに保てます。

ただし、内部の汚れを素人が掃除するのは難しいです。ハウスクリーニングに依頼してプロに掃除を任せれば、ピカピカな状態を取り戻せます。

お風呂【1.1万~1.6万円】

自宅の中でも大量に水を使う浴室は、湿気がこもりやすいことから汚れやすいです。毎日掃除をしていても、知らない間にカビや汚れが蓄積されていることがあります。

ハウスクリーニングに依頼すれば、頑固なカビや水垢、石けんカスの汚れも徹底的に磨き上げ、新品のようにきれいにしてくれます。

洗面所【6,000~9,000円】

洗面所は水を使用するため、少し掃除を怠るだけで水垢やカビが溜まることが多いです。また洗面所を使用する際に、水が周囲に飛び散り、鏡に汚れが溜まることもあります。

洗面所の特定スポットだけでも問題ありませんが、トイレやキッチンなど他の水回りの場所と合わせて清掃を依頼する人が多いです。

トイレ【7,000~1万円】

ハウスクリーニングの料金相場を説明する女性

毎日使用するトイレには、黒ずみや黄ばみ、水垢などの汚れが溜まりやすいです。ハウスクリーニングに依頼すれば、自分では掃除しづらい便座裏や縁裏、温水洗浄便座のノズル周りなど細かい部分を徹底的に掃除してくれます。

ウッドデッキ【9,900~1.2万円】

ウッドデッキは、常に雨風に晒されているので汚れが溜まりやすいです。掃除を怠るとカビが発生したり、板材が腐敗して抜け落ちたりするのでお手入れが欠かせません。

ハウスクリーニングに依頼すれば、板材の掃除はもちろん排水口まできれいに掃除してくれます。

ハウスクリーニングの料金相場が高額になるケース

ハウスクリーニングの料金相場を説明する女性

ハウスクリーニングの料金が高額になるのは、以下のようなケースです。

  • 掃除をする作業面積が広い
  • 掃除場所に家具や荷物が多い
  • 落としにくい汚れがある
  • 自宅に駐車できるスペースがない

それぞれのケースについて確認しましょう。

掃除をする作業面積が広い

ハウスクリーニングの料金相場は、掃除する作業面積が広くなるほど高くなります。同じ間取りでもマンションより戸建てのほうが作業面積が広くなるので、料金は高くなることが多いです。費用を抑えたい場合は、お得なセットプランがある、単独依頼が割安になるハウスクリーニング業者を選びましょう。

掃除場所に家具や荷物が多い

ハウスクリーニングの料金相場は、掃除のしやすさに影響することが多いです。例えば、掃除場所に家具や荷物が多い場合は、その分だけ移動作業が増えます。

全体の作業時間が増えるため、費用が高くなるので注意しましょう。特に養生が必要な高級家具がある場合は、別途費用がかかる場合があります

落としにくい汚れがある

ハウスクリーニングは、作業の難易度が高くなるほど費用が高額になります。作業の難易度が高いとは、掃除のプロでも落とすのに時間がかかるような汚れがあることです。

手間がかかる作業がある場合は、別途料金がかかる業者もあります。費用を少しでも抑えたいなら、日々のお手入れを怠らないことが大切です。

自宅に駐車できるスペースがない

ハウスクリーニング業者は、掃除に必要な用具を持参するために車で訪問します。掃除道具や洗剤などを運搬するのに車を停める必要があるため、駐車場がない場合は別途料金がかかることがあるので注意してください。

近くの駐車場を利用する場合は、費用を誰か負担するのかを事前に確認しておきましょう。

ハウスクリーニングの料金相場を抑える方法

ハウスクリーニングの料金相場を説明する女性

ハウスクリーニングの料金相場を抑えるには、以下のような方法があります。

  • 掃除しやすい環境を作る
  • 依頼が集中する繁忙期は避ける
  • お得なセットプランを活用する
  • 必要最低限の範囲を依頼する

それぞれの方法について詳しく解説します。

掃除しやすい環境を作る

家具の移動や養生などの作業時間が増えると、料金が高くなることがあります。ハウスクリーニングの費用を抑えたいなら、業者が来る前に掃除しやすい環境を整えることが大切です。

掃除に邪魔になりそうな家具は別の場所に移動させるのはもちろん、床に物を置きっ放しにするのもやめましょう。

依頼が集中する繁忙期は避ける

ハウスクリーニングを利用する際は、繁忙期を避けるのもひとつの方法です。一般的に年末やエアコン使用時期は依頼が増えるため、料金が下がることはありません。

狙い目は、依頼が一旦落ち着く閑散期です。閑散期に依頼すると、1割程度の値引きが期待できる場合があります。

閑散期のピークは10月頃です!

お得なセットプランを活用する

ハウスクリーニングは、一般的に部分依頼をすると割高になる傾向があります。お得にハウスクリーニングを利用したいなら、セットプランの利用が狙い目です。

キッチンやお風呂、エアコンなど汚れが気になる場所が複数あるなら、まとめて依頼することを検討しましょう。

必要最低限の範囲を依頼する

ハウスクリーニングは、家全体の清掃を依頼する必要はありません。自分では掃除が行き届かない必要最低限の範囲を依頼することで、総額を抑えられます。

キッチンやお風呂周りなど、どの部分をプロに任せればお手入れが楽になるのかを考えてみましょう。

ハウスクリーニングの料金相場が安くなる?おすすめの依頼範囲

ハウスクリーニングの料金相場を説明する女性

ハウスクリーニングは、部分的に掃除を依頼することで費用を抑えられます。おすすめの依頼範囲は、以下の通りです。

  • 水回り
  • 汚部屋1室
  • カビ全部

例えば、キッチンやお風呂などの水回りは日頃から掃除していても汚れが溜まりやすいです。ハウスクリーニング業者に依頼して、プロにきれいに掃除してもらいましょう。業者によっては、エアコンやフローリング掃除ワックスがけが含まれる場合があるのでお得です。

まったく掃除していない汚部屋だけハウスクリーニング業者に任せるのもよいでしょう。掃除のプロであれば、短時間で効率よくきれいな状態に戻してくれます。「自分では掃除できない!」という部屋があるなら、ハウスクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

ハウスクリーニングの料金相場を説明する女性

水を良く使用するお風呂やキッチン、トイレなどの場所はカビが発生することがあります。カビが繁殖すると手に負えなくなるため、カビの発生が気になる場所をまとめて掃除してもらうのがおすすめです。別途費用はかかりますが、オプションとして防ダニ対策をしてくれるハウスクリーニング業者もあります。

ハウスクリーニングの料金相場を把握したらまずは自分に合った業者に相談を!

この記事では、ハウスクリーニングの依頼を検討する方に向けて、条件別の料金相場や費用を抑える方法について解説してきました。

ポイントは、以下の3つです。

  • ハウスクリーニングの料金相場は条件で決まる
  • 事前準備や依頼時期などで費用は抑えられる
  • 目的に応じてハウスクリーニング業者を選ぶ

料金相場は、清掃場所や間取りなどの条件で変わります。また業者によって料金設定が変わるため、「費用を抑えたい」「依頼後に後悔したくない」という方は、料金相場を確認したうえで依頼先を決めることが大切です。

ハウスクリーニング業者といっても、さまざまな形態があります。例えば、仕事や家事が多忙で日頃から掃除時間を確保できない場合は、家事代行の依頼を検討するのがおすすめです。大掃除だけ自力で頑張れば、毎日掃除をする手間を省けるうえに、総額費用も抑えられます。

ハウスクリーニングの料金相場を説明する女性

依頼先を決めかねているなら、信頼できる優良業者が掲載された「セーフリー」をご活用ください。複数の業者から、ご自身の予算や条件にマッチするハウスクリーニング業者が見つかりますよ。実際に利用したお客様のリアルな声も多数掲載されており、大変便利です。気に入った業者が見つかったら、まずは問い合わせてみてくださいね。


Warning: Undefined array key "fieldData" in /home/safely/safely.co.jp/public_html/wp-content/themes/safely-v2/template-parts/area-ai-content.php on line 2

ハウスクリーニングの料金相場を徹底解説!費用を抑える方法や業者の選び方ものよくある質問

  • Q. ハウスクリーニングの料金相場は条件で変わる?

    ハウスクリーニングの料金相場は、間取りや清掃場所で変わります。ただし、必要最低限の範囲を依頼するなど工夫次第で、ハウスクリーニングの料金を抑えられる場合があります。

  • Q. ハウスクリーニングの料金相場を抑える方法は?

    料金を抑えるには、以下の方法があります。

    ・掃除しやすい環境を作る
    ・依頼が集中する繁忙期は避ける
    ・お得なセットプランを活用する
    ・必要最低限の範囲を依頼する

  • Q. 業者でハウスクリーニングの料金相場は変わる?

    ハウスクリーニング業者によって料金相場は大きく変わります。少しでも安く利用しないなら、相見積もりを依頼しましょう。料金やサービス内容を比較検討したうえで決めることが大切です。