ジフの正しい使い方に従ったキッチン掃除

ジフの使い方完全版!【得意とする汚れ〜使えない素材まで徹底解説】

2024.02.01 2024.02.01

 

この記事では、世界中で親しまれている洗剤「ジフ」の効果的な使い方について徹底解説します

クリームタイプのクレンザー「ジフ」は、水回りを中心に、家中のさまざまな箇所の汚れをスッキリ落としてくれる洗剤です。ジフを使いこなすために、ジフが使える場所や効果的に使うコツ、逆にジフが使えない素材まで、詳しく紹介していきます。家の掃除をするときにぜひ役立ててみてください。

 

ジフの基礎知識【使い方の前に!】

ジフは掃除の効率を高めてくれる頼もしい洗剤の一つです。その多様な用途と効果的な使用方法を理解することで、日々の掃除が格段に楽になるでしょう。

ここでは、ジフの基礎的な知識について詳しく紹介します。

ジフの特徴

ジフの主な特徴は2つです。

  • クリームタイプのクレンザー
  • 汚れ落ちをサポートする研磨剤

ジフは液体や粉末とは異なり、クリーム状の洗剤なので、塗布しやすく汚れにしっかりと密着してくれます。また、アルカリ性のジフは、油汚れなどの酸性の汚れを落とすのに効果を発揮します。

さらに、微細な研磨剤が含まれているので汚れをしっかりと落としても、表面を傷つけにくいことも大きな特徴です。

ジフの種類

ジフには主にキッチン用とお風呂用の2種類があります。どちらの洗剤を選んでも、お風呂とキッチンそれぞれに使用できます。用途に合わせて適切な種類を選ぶことで、より効果的に汚れを落とせます。

キッチン用のジフは、排水溝周り、IHやガスコンロ、洗面台や鏡といったさまざまな箇所の汚れを落とすのに活用できます。お風呂掃除用のジフは、お風呂で使用するアイテム全般に使用でき、頑固な湯垢や黒ずみを落としてくれます。

ジフが使える場所

ジフは、主に水回りで使用できます。

  • キッチン
  • お風呂場
  • 洗面所

ジフには研磨剤が含まれており、水回りに付いた頑固な汚れを落とすのに活躍してくれます。しかも、傷がつきづらいので浴槽やキッチンのシンクを傷つけることなく、汚れを落とせます。

ジフの使い方【ジフを使った掃除方法】

正しい使い方でジフを使って掃除をしようとしているところ

ジフは水回りの汚れを落とすのに役立つ洗剤ですが、使い方次第で掃除の効率が大きくアップします。ここでは、ジフを使って効果的に汚れを落とす掃除方法を解説します。

基本的な使い方

ジフを使って掃除をするときは、スポンジもしくは雑巾を用意してください。落ちにくい汚れを落とす固い面と、柔らかい面の両面を持つスポンジを使う場合は、柔らかい面を使うようにしましょう。

スポンジの硬い面、スチールたわしなどを使うと傷がつく原因になるからです。

基本の使い方は以下の通りです。

  1. 汚れた部分にジフを直接塗布します。
  2. スポンジや布で軽くこするようにして汚れを落とします
  3. 最後に水かぬるま湯で洗い流します。

基本的な使い方を理解し、さまざま箇所を掃除してみましょう。

キッチンシンクの掃除方法

キッチンシンクは、ジフを用いて以下のように掃除します。

  1. シンクにジフを塗布し、スポンジで優しくこすります
  2. 汚れが落ちたら、水でしっかりと洗い流します。

シンクに付きやすい水垢汚れも、ジフを使うことで力を入れずに水垢を落とせます。

ステンレス製の蛇口の掃除方法

ステンレス製の蛇口は、以下の手順できれいにできます。

  1. 蛇口にジフを塗り、柔らかい布で優しく拭き取ります
  2. 水かぬるま湯で洗い流し、乾いた布で水分を拭き取ります

蛇口の上の部分の汚れや水垢が目につきますが、蛇口の裏側や横の部分も結構汚れています。蛇口全体をまんべんなく掃除するのが、蛇口をピカピカにするコツです。力を入れなくても汚れが落ちるので、掃除の負担は少ないでしょう。

コスパの良いジフの使い方

ジフをコスパよく使うコツは、スポンジにラップを巻く、もしくはラップを使って掃除をすることです。スポンジに直接ジフを付ける、掃除したい箇所にジフを付けてスポンジで掃除する場合も、ジフがスポンジに吸収されてしまいます。

その影響で、汚れを落とす効果が弱まるだけでなく、汚れ落ちを良くするためにジフを追加することになるでしょう。

ラップならスポンジのように洗剤を吸収しないため、少ない量でもしっかり汚れを落とせます。丸めたラップを使ってきれいに汚れを落とすと経済的でしょう。

ジフはお手頃な価格で購入できる洗剤ですが、コスパよく使うコツを把握しておくと、洗剤を無駄なく使えますね!

ジフが得意とする汚れ【幅広い使い方が可能】

正しいジフの使い方で行ったお風呂掃除

ジフを使った掃除をおすすめしたい汚れや場所を紹介します。アルカリ性の特性を持つジフは、酸性の汚れを落とす高い効果が期待できます。日々の掃除を楽にするための参考にしてみてください。

キッチンの油汚れや焦げ付き

キッチンは油汚れや焦げ付き汚れが多い場所です。

たとえば、フライパンや鍋の底に付いた頑固な焦げ付き、IHやガスコンロ周りの油汚れと焦げ付きにジフを使うと、汚れを浮かせて落とせます。傷をつけないようにだけご注意ください。マグカップや湯呑についてしまった茶渋も、ジフで落とせますよ。

浴室全体

浴室ではさまざまな箇所に水垢が付いており、ジフが大活躍する掃除箇所の一つです。例えば、洗面器、鏡、バスタブなどについた水垢も、ジフならきれいに落とせます。

プラスチックプレートの手垢

電気のスイッチプレートは手で触れる機会が多いことから、手垢による黒ずみが付きやすい箇所です。頑固な黒ずみも、ジフを使うことできれいにできます。

靴の泥汚れ

頑固な靴の黒ずみも、ジフを使うことできれいにできます。子供が持ち帰ってきた上履き、白いスニーカーなど、黒ずみが目立ちやすい靴に使うことで、効果的に汚れを落とせます。

ジフを使用するときの注意点【使えない素材も!】

適切でないジフの使い方について解説する人

研磨剤入りで、傷をつけにくいジフですが、使用できない箇所もあります。掃除の注意点をしっかりと押さえて、安全にジフを使いましょう。

柔らかいものには使わないこと

ジフは主にステンレスなどに適した洗剤なので、柔らかい材質のものに使用すると、傷をつけたり、素材の持つ光沢を失わせたりする恐れがあります。以下にジフの使用を控えた方が良い素材を紹介します。

  • アルミ
  • プラスチック
  • 樹脂コーティング
  • 木材

基本的に水回りはステンレスなど硬い素材が多いため、問題なく使えるケースがほとんどです。しかし、ジフの使用が適さない素材が含まれていることもあるので、掃除をする前にきちんと確認しておきましょう。

硬いものでこすらないこと

ジフの効果を高めるために、硬いものを使って掃除するのは控えましょう。必要以上に強い力がかかって、素材を傷つけるリスクが高くなるからです。スポンジの硬い面、金属製のたわしは使わず、スポンジの柔らかい面か雑巾を使いましょう。

スポンジを併用しないこと

キッチンで食器洗いに使っているスポンジなど、他のスポンジとの併用は避け、ジフを使う専用のスポンジで掃除をしてください。

スポンジの細かい箇所にジフが入り込んでしまうと、スポンジを洗っても研磨剤が残ることがあります。研磨剤が残っているスポンジで食器やグラスを洗ってしまうと、傷だらけになってしまいます

ゴム手袋を着用する

ジフに直接触れると肌が荒れることがあります。肌荒れを防ぎ、安全に掃除をするためにも、掃除をするときはゴム手袋を着用してください。

ジフの効果的な使い方を理解して家じゅうをきれいに!

ジフはキッチンシンクのしつこい汚れや泥汚れなど、さまざまな汚れに対して効果を発揮します。適切な使い方や注意点を把握することで、より効率よく家の中をきれいにすることができるでしょう。

ジフの使い方を理解し、日々の掃除に活かしてみてくださいね。


Warning: Undefined array key "fieldData" in /home/safely/safely.co.jp/public_html/wp-content/themes/safely-v2/template-parts/area-ai-content.php on line 2

ジフの使い方完全版!【得意とする汚れ〜使えない素材まで徹底解説】のよくある質問

  • Q. ジフはどこの掃除に使えますか?

    ジフはキッチン、トイレ、浴室といった水回りの掃除に使えます。

  • Q. ジフで落とすのに向いている汚れは?

    ジフはアルカリ性なので酸性の汚れを落とすのに効果的です。

  • Q. ジフで掃除できない素材はなんですか?

    プラスチックやアルミなど柔らかい素材は傷をつける恐れがあるので、使わないでください。