空室清掃を検討中

空室清掃のサービス詳細と料金相場【賃貸一戸建て・アパート対応】

2024.06.10 2024.06.10

この記事では、空室清掃がどんなサービスか、料金相場や適切な依頼範囲などを詳しく解説します。

「どこまで綺麗になる?汚部屋の復旧も可能?」
「誰に頼めばいいの?業者の選び方は?」

といった疑問も一挙解決。一戸建てのみならず、賃貸アパートやマンション、テラスハウスなどのオーナーさん必見の情報をお届けします

空室清掃の業務委託(外注)を検討中の大家さん、オーナーさんは、ぜひ最後までご覧ください。

空室清掃はどんなサービス?

空室清掃を依頼中

空室清掃とは、アパートやマンションなどの空いている部屋を定期的に清掃するサービスです。誰も住んでいない部屋でも、放置するとホコリや汚れが溜まりやすく、衛生状態が悪化してしまいます。

そのため、空室の劣化を防ぎ、次の入居者に快適な住環境を提供するために、空室清掃が必要です。

賃貸物件においては、定期的な空室清掃で物件の価値を維持し、空室期間の短縮につながります。

空室清掃の必要性とは

空室清掃の必要性は、多岐にわたります。まず、誰も住んでいない部屋でも汚れやホコリが蓄積し、放置すればするほど清掃が大変になります。また、長期間放置すると、部屋の劣化が進むだけでなく、不法侵入のリスクも高まります。

定期的に清掃を実施することで物件の劣化を防ぎ、治安維持につながるでしょう。また、原状回復の意味合いで空室清掃を業務委託するのも一般的です。

空室清掃で依頼できること

空室清掃を専門業者に依頼すると、以下のようなサービスが受けられます。

  • 各部屋の床/壁/天井/建具の清掃
  • 床のワックスがけ
  • 窓ガラス/網戸/サッシの清掃
  • 浴室/洗面所/トイレ/キッチンなど水回りの清掃
  • エアコンの清掃・メンテナンス
  • レンジフードの清掃
  • ベランダ/バルコニーの清掃

業者によっては、エアコン内部のクリーニングや、備え付けの食洗機、オーブンレンジの清掃など、オプションとして追加できるサービスもあります

清掃範囲や内容について不明点がある場合は、事前に業者に確認しておきましょう。

>>セーフリーで空室清掃の業者を探してみる

空室清掃を委託するならハウスクリーニング業者?個人?どっち?

空室清掃は、ハウスクリーニング業者に依頼するか、個人に依頼するかの2択が基本。それぞれの選択肢に、独自のメリットとデメリットがあります。

どちらが適しているのかは、依頼者のニーズや予算、求めるクオリティによって異なります。ここでは、ハウスクリーニング業者と個人に依頼する場合の特徴を詳しく見ていきましょう。

ハウスクリーニング業者に委託するメリット・デメリット

ハウスクリーニング業者に空室清掃を依頼するメリットは、以下の点が挙げられます。

  • プロフェッショナルなサービスを受けられる
  • 高品質なサービスが期待できる

業者は一般の人が使用できない専門的な清掃器具や薬品を使用するため、徹底した清掃が可能です。特に、アパートやマンションの共用部分やオフィスなど、大規模な清掃が必要な場合は、専門業者に依頼するのが適しているでしょう。

また、業者のスタッフは清掃に関する豊富な知識・経験をもっているため、高品質なサービスが期待できます。

一方で、ハウスクリーニング業者に依頼するデメリットもあります。

  • 料金が高い
  • 小規模な清掃には対応していない

特殊な器具や薬品を使用する場合、それらのコストがそのまま清掃料金に反映されるため、予算が限られている場合は負担が大きい可能性があります。

また、軽い清掃や簡単な掃き掃除など、小規模な清掃には対応していないこともあるため、その点も考慮する必要があります。

個人に依頼するメリット・デメリット

次に、個人のハウスクリーニング業者に依頼するメリットは以下の通りです。

  • 地域に根ざした経営で信頼性・安心感が高い
  • 専門的な清掃を低コストで依頼できる

地元で評判の良い個人業者であれば、丁寧な対応が期待できるでしょう。また、一般の清掃では使用できない薬品や器具を使用するため、専門的な清掃を低コストで依頼可能です。

一方で、個人に依頼するデメリットは、以下の通りです。

  • 損害賠償保険に加入していない業者が存在する
  • 個人業者は大手と比べてサービスのクオリティにばらつきがある

保険に加入していない場合、清掃中に何かトラブルが発生したときに十分な補償が受けられないリスクがあります

また、個人業者は大手サービスに比べクオリティが劣るかもしれません。依頼する前に、事前に口コミや評判を確認しましょう。

適切な個人業者を選べば、コストを抑えながらも満足のいくサービスを受けられるでしょう。

>>セーフリーでハウスクリーニング業者を探してみる

空室清掃を委託する業者の選び方【5つのポイント】

空室清掃を実施中

空室清掃を依頼するときは、信頼できる業者を選びたいところです。数多くの業者の中から最適なパートナーを見つけるには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 業者の実態を確認する
  • 清掃クオリティをチェックする
  • 口コミ・実績の高い業者に委託する
  • 複数業者から見積もりをとる
  • 損害賠償保険に加入しているか確認する

ここでは、業者選びにおいて注目すべきポイントを解説します。

業者の実態を確認する

まず、業者の実態を確認しましょう。ホームページをチェックし、清掃料金、スタッフの情報、会社情報、代表者などの詳細が明記されているか見ます。

また、ハウスクリーニング業者が資格・許可を取得しているかどうかも確認してください。

・ハウスクリーニング技能士(国家資格)
・ハウスクリーニングアドバイザー
・クリンネスト1級
・エアコンクリーニング士

ハウスクリーニング関連の資格は、上記のようなものが代表的です。信頼性の高い業者は、資格や許可に関する情報を公表している場合が多いでしょう。

清掃クオリティをチェックする

清掃クオリティを確認するには、業者の作業実績やサービス内容を詳しく調べます。ホームページに作業実績が掲載されている場合、その内容をしっかりと確認し、どの程度のクオリティが期待できるのか見極めましょう

特に、相場よりも費用が安く設定されている業者については、清掃の品質に問題がないか注意が必要です

ハウスクリーニングの相場については、以下の記事も確認してください。

口コミ・実績の高い業者に委託する

実際に依頼する前に、業者の口コミや実績を確認するのも重要なポイント。サービスを利用した人の評価をチェックすると、業者の信頼性や清掃クオリティについての客観的な情報を得られます

特に、口コミサイトやレビューサイトでの評判を確認し、多くの利用者から高評価を得ている業者を選ぶようにしましょう。実績の高い業者は、清掃範囲や技術だけでなく、スタッフ対応やトラブル時の対応にも優れているでしょう。

複数業者から見積もりをとる

依頼前は複数業者から見積もりを取りましょう。一つの業者だけでなく、複数業者に見積もり依頼することで、料金やサービス内容の比較ができます

それぞれの業者が提供するサービス内容や料金体系をしっかりと比較検討し、自分のニーズに最適なプランを見つけましょう。また、見積もりを通じて業者の対応や説明の分かりやすさも確認できます

損害賠償保険に加入しているか確認する

ハウスクリーニング業者が損害賠償保険に加入しているかも確認してください。万が一、清掃中に物品の破損や事故が発生した場合、保険に加入していない業者だと十分な補償が受けられないリスクがあります。

保険に加入している業者は、顧客に対する責任を果たすための準備ができていると示しており、信頼性が高いと言えます。見積もりを依頼するときに、損害賠償保険の有無についても必ず確認し、安心して依頼できる業者を選びましょう

空室清掃を委託するときの料金相場【間取り・部屋別・オプション別】

空室清掃を委託するときの料金相場を、間取り、部屋、オプション別にまとめました。順番に見ていきましょう。

戸建て住宅の料金相場

戸建て住宅で空室清掃を委託した際の料金相場は、以下の通りです。

間取り 委託料金の相場
2DK〜2LDK 60,000円〜
3DK〜3LDK 75,000円〜
4LDK〜 100,000円〜

戸建て住宅の空室清掃は、アパートやマンションに比べ費用が高くなる傾向。その理由は、上下階の移動が発生し、窓ガラスの清掃箇所が多いことが挙げられます。業者によっては、建物のフロア数に応じた追加料金が発生する場合もあるでしょう。

3LDK、4LDKの費用相場については、以下の記事でも紹介しています。

アパート・マンションの料金相場

アパート・マンションで空室清掃を委託した際の料金相場は、以下の通りです。

間取り 委託料金の相場
ワンルーム・1K 15,000円〜
1DK 20,000円〜
1LDK〜2DK 30,000円〜
2LDK〜3DK 40,000円〜
3LDK〜4DK 50,000円〜
4LDK〜5DK 60,000円〜
5LDK〜 70,000円〜

アパートやマンションの空室清掃の料金は、物件の広さや清掃箇所によって異なります。手間のかかるエアコンやレンジフードなどの清掃は、オプションとして追加料金が発生するケースも。

また、デザイナーズマンションなど特別なデザインの部屋は、標準的な料金設定が適用されない場合があるため、個別の見積もりが必要です。

ワンルームや2LDKの費用相場については、以下の記事でも紹介しています。

依頼する部屋別による料金相場

部屋を限定して依頼した場合の清掃料金相場は、以下の通りです。

間取り 清掃料金の相場
浴室 12,000円〜
キッチン 10,000円〜
トイレ 6,000円〜
エアコン 10,000円〜
洗面所 10,000円〜
フローリング 15,000円〜
ベランダ 7,000円〜

空室清掃を特定の部屋にのみ依頼する場合、部屋の種類によって料金が異なります。浴室とトイレなどの水回りをまとめた、お得なセットプランを提供している業者もあるでしょう。

よくあるオプションと料金相場

よくあるオプションと料金相場は、以下の通りです。

間取り 委託料金の相場
床洗浄 12,000円〜
カーペットクリーニング 12,000円〜
床ワックス剥離 15,000円〜
網戸の張り替え 3,000円〜
サッシ(1台あたり) 4,000円〜
換気扇(1台あたり) 5,000円〜
壁掛けエアコンクリーニング(1台あたり) 8,000円〜

空室清掃は基本的な清掃サービスに加え、さまざまなオプションも依頼できます。ベランダ付きの部屋やエアコン、窓のサッシの清掃などが一般的でしょう。

オプションの内容と単価についても業者に確認し、納得した上で依頼してください。

空室清掃がおすすめなケースとは?【不動産管理者・売却検討中・購入者】

空室清掃の最中

空室清掃はどんな人が依頼すべきなのか、不動産管理者と売却・購入検討中の目線でそれぞれまとめました

不動産管理者 売却・購入検討中の方
・原状回復のため
・物件工事完了後
・空室時の定期清掃
・売却活動で物件の価値を高めたい
・購入後、入居前に清掃をお願いしたい
・家の売却が決定した

以上のように、空室清掃は不動産管理者、物件の売却・購入を検討している方など、さまざまなシーンで活用すべきサービスです。ニーズに合わせてプロに清掃を依頼し、次のステップに進みましょう。

空室清掃は信頼できるハウスクリーニング業者に任せよう

今回は空室清掃のサービス内容、必要性などについて詳しく解説しました。空室清掃を委託する業者の選び方、料金相場についてもお分かりいただけたかと思います。

空室清掃は住人の退去時や、売却前に物件の価値を高めたいなど、さまざまな用途があります。また、長期間使用していない部屋の劣化を防ぐため、簡易清掃としてもおすすめ。

業者を選ぶときは、セーフリーの検索システムをご活用ください。条件を絞りながら、スムーズに優良業者を見つけられます。気に入った業者を見つけたら、まずは問い合わせて見ましょう!

>> 空室清掃・空室クリーニングはプロの業者へ!業者を徹底比較してみる

空室清掃のサービス詳細と料金相場【賃貸一戸建て・アパート対応】のよくある質問

  • Q. 空室清掃は義務?任意?

    空室清掃は任意です。義務ではないので、必要なときに依頼できます。

  • Q. 空室清掃と原状回復の違いは?

    空室清掃は部屋の中を掃除すること。原状回復は部屋を元の状態に戻すことです。

  • Q. 空室清掃は大手業者に依頼すべき?

    大手業者に依頼した方が、専門性や信頼性は高いでしょう。一方で、個人業者は安く依頼できるメリットがあります。