ワンルーム(1R)のハウスクリーニングはこれで解決!【費用・時間・節約術】

2024.05.09 2024.05.09

今回は、ワンルーム(1R)のハウスクリーニングを依頼するときの費用相場、節約方法などについて徹底解説します。

「ワンルームの依頼ならそれなりに安い?時間も短め?」
「在宅時のハウスクリーニングってどんな感じ?外出中でも頼める?」

このような気になるポイントも解消します。依頼前に知りたいサービス詳細や、業者・プランの選び方まで詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ワンルーム(1R)のハウスクリーニング料金はいくら?【作業場所による違いも】

ワンルームのハウスクリーニングを依頼するとき

ワンルームのハウスクリーニング料金相場から見てみましょう。1R・1Kの料金相場を以下の表にまとめました。

間取り 料金相場
1R・1K 14,000円〜25,000円

 

ワンルームだと作業範囲が少ないため、安ければ15,000円前後、高くても25,000円前後で依頼できます。一般的なハウスクリーニングの相場については、あわせて以下の記事もチェックしてみてください。

作業範囲別の料金相場

作業範囲を指定した場合の料金相場は、以下の表が参考になります。

依頼場所 料金相場
キッチン 10,000〜16,000円
浴室 11,000円〜16,000円
>> お風呂のハウスクリーニング料金詳細について
トイレ 7,000円〜10,000円
>> トイレのハウスクリーニング料金詳細について
洗面所 6,000円〜9,000円
レンジフード/換気扇 9,900円〜15,000円
エアコン 8,000円〜10,000円
>> エアコンクリーニング料金詳細について
床のクリーニング/ワックスがけ 8,500円〜15,000円(6畳)
水回りのパック 15,000円〜75,000円

 

アカや汚れが目立つ水回りは業者にお任せして、他の場所は自力で掃除するなどのやり方もおすすめです。

上の表のリンクからは、より詳細な料金相場を詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

ワンルーム(1R)のハウスクリーニング依頼のメリット【普通の掃除との違いは?】

「ワンルームでハウスクリーニングは必要ある?」「業者を呼ぶメリットってなに?」と考える方もいるでしょう。以下の表は、ハウスクリーニング業者と自力で掃除する場合の比較です。

ハウスクリーニング 自分で掃除
専用機器・技術による掃除 市販で用意して掃除する必要がある
手の届かない部分・高所の掃除にも対応 自力で掃除できる範囲が限られる
エアコン内部や洗濯機の内部などもクリーニング 自力で落とせる汚れが限られる

 

自力で掃除する場合、作業範囲も落とせる汚れも限りがありますが、ハウスクリーニング業者に依頼すれば、あらゆる汚れや掃除範囲に対応してくれます

ワンルームの掃除をハウスクリーニング業者に依頼するメリットについて、具体的に見ていきましょう。

自分で掃除するよりも綺麗になる

プロのハウスクリーニングサービスは、一般的な掃除道具や技術ではできないレベルの清潔さを提供してくれます。専門の清掃業者は、汚れやホコリが蓄積しやすい隠れた箇所や、普段手の届かない場所も徹底的にクリーニングします。

キッチンの油汚れ、浴室のカビや水垢など、手強い汚れも専用の機材と洗剤を用いて効果的に取り除いてくれるため、家全体がより衛生的な状態に保てるでしょう。

掃除のノウハウを勉強できる

ハウスクリーニングを業者に依頼することで、掃除の技術や使用すべきアイテムについて学ぶ機会を得られるでしょう。

また、作業のプロセスを観察すると、効率的な掃除方法や専門的なテクニックを日常的な掃除に取り入れられるかもしれません。

家電内部のクリーニングにも対応している

ハウスクリーニング業者の中には、エアコンや洗濯機など家電製品の内部クリーニングも対応している場合があります。家電のクリーニングは専門的な知識と道具が必要なので、自力でするのは困難でしょう。

エアコンのフィルターやドラム式洗濯機の内部など、定期的なメンテナンスが必要な部分のクリーニングを専門業者に依頼することで、機器の性能を保ち、故障のリスクを減らせます。

ワンルーム(1R)のハウスクリーニングで業者を選ぶポイント5つ

ワンルームのハウスクリーニングを依頼中

ワンルームのハウスクリーニングを業者に依頼するときは、適正料金で高品質なサービスを受けるためにも、以下5点を確認しましょう。

  • 有資格者/実績豊富な作業員が担当するか
  • 作業内容と料金が見合っているか
  • 利用者の評価は高いか
  • 損害賠償保険に加入しているか
  • 業者の情報が明確か

これらのポイントについて、順番に解説していきます。

有資格者/実績豊富な作業員が担当するか

ハウスクリーニング業者を選ぶときは、作業するスタッフが資格を保有しているか、実績が豊富であるか確認しましょう。資格を保有した業者は、確かなクリーニング技術や適切な化学薬品の使用方法を熟知しており、安全かつ効率的に作業を進めてくれます。

また、実績豊富な作業員は、さまざまな汚れに対処した経験があり、素人には落とせない汚れも綺麗にしてくれるでしょう。

作業内容と料金が見合っているか

業者を選ぶときは、提供されるサービスの内容と料金が適正であるか慎重に評価するべきです。

見積もりを取るときは、どのような作業が実施されるか詳細を聞いて、それに対する料金が妥当かどうか判断します。単に料金が安いからといって即決せず、どのような薬品、掃除方法が用いられるのかも理解しておけるとベストです。

利用者の評価は高いか

他の利用者からの評価は、業者を選ぶ上で重要な情報源。

インターネット上のレビューや評価は、その業者のサービス品質を反映しているため、選定の参考になります。高い評価を受けている業者は信頼性が高く、顧客満足度も高いと考えられます。一方で、ネガティブな評価が多い業者は、あえて選ぶ必要がないでしょう。

損害賠償保険に加入しているか

業者が損害賠償保険に加入しているかどうかもチェックしてください。

清掃作業中に発生する事故や、財産への損害が補償されることは、依頼者にとって大きな安心材料となります。特にワンルームのような限られた空間では、作業中の小さなミスが大きな損害につながるケースもあるため、保険の有無は重要な選定基準と言えるでしょう。

業者の情報が明確か

公式ホームページがあるか、サービス内容は明確か、料金設定を掲載しているかなど、実態や業務内容が確認できる業者に依頼すべきでしょう。

また利用規約、キャンセルポリシーなどの情報も確認し理解すると、後に起こりうるトラブルを避けられます。

ワンルーム(1R)のハウスクリーニング費用を安くする5つの方法

ワンルームのハウスクリーニングにおいて、費用を安くする方法は以下の5点をチェックしてください。

  • 複数の業者を比較する
  • 依頼した場所を綺麗にしておく
  • 閑散期に依頼する
  • 複数箇所をまとめて依頼する
  • スポット清掃/定期清掃を依頼する

ワンルームであればそもそも大きな金額はかかりませんが、少しでも節約するために以下を参考にしてください。

複数の業者を比較する

複数のクリーニング業者から見積もりを取るのは、費用削減に非常に有効です。

相見積もりすると、コストパフォーマンスの高いサービスを提供する業者を見つけられるでしょう。各社の提案を比較検討し、自分のニーズにマッチする業者を選べるようにしましょう。

依頼した場所を綺麗にしておく

事前に自分でできる限り掃除するのも、費用削減につながります。

作業員がクリーニングしやすい状態にしておくと、作業時間が短縮され、それに伴い料金が下がる可能性があります。

散らかった部屋や不要な物は片付けておきましょう。

閑散期に依頼する

ハウスクリーニングの繁忙期を避けてサービスを依頼すると、料金が割安になる場合があります。10月から11月などの閑散期にサービスを利用すると、繁忙期に比べ低価格で質の高いサービスが期待できるでしょう。

複数箇所をまとめて依頼する

一度に複数箇所をまとめて依頼すれば、割引が適用される場合があります。

キッチンと浴室、洗面所をまとめて依頼する水回りパック、キッチンと換気扇のセットなどで、トータル費用を抑えられるでしょう。

スポット清掃/定期清掃を依頼する

特定の場所だけを集中的にクリーニングするスポット清掃や、定期的に清掃してもらう定期清掃の利用も、長期的に費用を削減できるかもしれません。

スポット清掃は、必要な箇所だけを選んで依頼できるため、無駄な出費を抑えられます。

定期清掃では、汚れがひどくなる前に定期的に掃除するため、一度に大きな出費が発生するのを避け、長期的には家全体の清潔さを保ちやすくなるでしょう。

ワンルーム(1R)のハウスクリーニングはどれくらい時間がかかる?

ワンルームのハウスクリーニングを実施中

ワンルームのハウスクリーニングを依頼する場合、所要時間は3〜4時間程度が目安です。スポットで依頼する場合の所要時間は、以下の表を確認してください。

依頼場所 所要時間
キッチン 2〜3時間
浴室 1〜2時間
トイレ 1〜2時間
洗面所 2〜3時間
レンジフード/換気扇 2〜3時間
エアコン 1〜2時間
床のクリーニング/ワックスがけ 1〜3時間
水回りのパック 2〜4時間

 

ハウスクリーニングを依頼する前は、上記の所要時間を目安に計画的に準備・依頼を進めていきましょう。

ワンルーム(1R)のハウスクリーニング業者はセーフリーで探そう

今回は、ワンルームのハウスクリーニングを依頼するときの料金相場、節約方法から業者選定のポイントなどについて解説しました。

ワンルームであればそこまで大きな費用は発生せず、自分で掃除するよりも遥かに綺麗になるでしょう。掃除のノウハウも勉強できるため、ハウスクリーニングのメリットは大きいと言えます。

業者探しは、ワンルーム対応の優良業者も多数掲載しているセーフリーが便利です。自分に合ったサービスの選定にご活用ください。気になる業者やプランが見つかったら、まずは無料で問い合わせを!


Warning: Undefined array key "fieldData" in /home/safely/safely.co.jp/public_html/wp-content/themes/safely-v2/template-parts/area-ai-content.php on line 2

ワンルーム(1R)のハウスクリーニングはこれで解決!【費用・時間・節約術】のよくある質問

  • Q. ワンルームの退去時にハウスクリーニングは必須?

    退去時のハウスクリーニングは必須ではありませんが、原状回復のためにした方が良いケースもあるでしょう。

  • Q. ハウスクリーニングと家事代行の違いは?

    ハウスクリーニングは掃除に特化したサービスです。一方で、家事代行は一般的な掃除や家事を依頼できるサービスです。

  • Q. ベランダのハウスクリーニングも依頼できる?

    業者によっては、ベランダのハウスクリーニングも依頼可能です。